研究・開発体制

最新の3DCADを導入し、迅速な開発・設計体制を敷いています。 ]

マーク電子の商品開発は、光学、機械、電気、化学などあらゆる分野の技術を駆使して作られています。各分野のエンジニアが少人数のチームを作り、最新の3DCADを活用し、開発テーマに取り組んでいます。一専門分野の枠を超えた幅広い分野の技術に関わることができるのが特徴です。
理論と実験から、斬新なアイデアを発揮し、機能・性能と信頼性・コストを両立させる設計開発を行っています。

●3Dデータを最大限に活用し、新たな開発プロセスを構築

■設計意図を他部署へわかりやすく伝えたい

■試作にかかるコストを減らしたい

■仮想シミュレーションを有効に活用したい

3DCADは、開発期間の短縮やコスト削減を期待できますが、ただ導入するだけでは設計者の業務負担が増え業務効率が低下する場合もあります。真の効果を上げるには、3Dデータを活用した新しい業務プロセスを構築して、そのためのITインフラを整備し、定着させることが必要です。

●品質管理だけでは間に合わない 品質工学を活用した製品の信頼性・安定性の実現

■設計の早期段階から品質を安定化したい

■開発期間を短縮したい

■開発リソースの最小化を図りたい

日々進歩する新しいテクノロジーには経験だけでは対応しきれません。マーク電子では製造部門を中心とした従来の品質管理に加え、より上流の技術開発、製品設計の段階で、製品の信頼性・安定性を作り込み、問題を未然に防止する手法である品質工学を活用し、開発プロセス改革を進めております。

●組織能力を最大限引き出す開発マネジメント力の強化

■計画通りに開発を進めたい

■組織能力を向上させたい

■各商品の収益性を向上したい

市場競争を勝ち抜くためには、競争力のある製品・サービスをタイムリーにお客様へ提供していくことが重要です。このためには技術力強化はもちろん、組織から最大限の能力を引き出す開発マネジメントの強化が重要です。マーク電子では製品開発力強化活動の両輪として、技術力強化と平行して開発マネジメント力強化にも取り組み、マトリックス組織体制のもとで製品開発プロジェクトを計画通り達成する高い実績をあげています。

●組織能力を最大限引き出す開発マネジメント力の強化

マーク電子のコア技術であるアナログ技術を常に進化させる一方、全く新たな技術分野への取り組みとして、東京大学と産学連携での技術の根幹を学び進化させています。
他分野での開発動向や新技術に目を光らせ、医療分野への応用可能性を探るのもR&Dグループの大切な役割の一つと考えております。
そして、メーカーとしての誇りを持ち、常に世の中に有用な新製品を出し続けることが、マーク電子の最大の使命だと考えています。